215_60

2013年11月05日

不動産業界を考える | 南文雅貴のテンワス(テンプーモデレート)

不動産会社テンワス(テンプーモデレート)

内容本文:不動産業界の現状
1.不動産営業マンの将来
2.不動産業の将来
3.リーマンショックと不動産業界
4.不動産業界の現状 激務
5.高い離職率
6.IT化の遅れ



ちょっとそういうことを書いてるのを見て色々考えることができましたわ。
あれですよね〜
何事もやっぱり考え方。
そう強く感じますわ。

最近は中国の不動産バブルが〜とかいわれてるからなんか怖いものだ、って思ってたけどこういうのを見てたらちょっと違うのだろうか?とかおもってきますわ。

↓↓↓こんなかんじのニュース↓↓↓

世界で深刻化する不動産高騰 超金融緩和策が招く資産バブル
http://diamond.jp/articles/-/43667

↑↑↑↑↑↑

まあそんなわけで固定観念?概念?まあそういうことだとは思うけど、ちょっと怖いもんだと思ってましたわ。でもやっぱりイメージって大切だよね。とこれを見てたら思いました。
こういう苦労をしてるんだな、って思うとちょっとね。
posted by りゅー at 11:05| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。