215_60

2014年02月13日

シニア向け賃貸住宅「シノン青葉台」

「ひと目見て気に入ってしまった」―昨年10月にオープンした、サービス付き高齢者向け住宅「シノン青葉台」には、そんな入居者の方も珍しくないという。東急田園都市線青葉台駅からバス7分「田奈高校」下車、閑静な住宅街の中にたたずむ同住宅は、全面バリアフリー、高齢者向け付帯サービスのある賃貸住宅。医療クリニックやデイサービス(5月開所予定)、訪問介護事業所も併設。居室には見守りセンサーや緊急ボタン設置、24時間スタッフ常駐なのも安心。「一人暮らしで健康不安もあり、すぐ誰かに相談できたり、見守りのあるところで生活したい」「夫の介護が必要となったが、二人で暮らし続けたい」そんな方々のニーズにこたえる住宅となっている。

http://www.townnews.co.jp/0101/2014/02/13/224912.html


というわけでこんな賃貸もあるらしい。
ちょっと知って驚いた。

そして調べて知ったんだけども『高齢者専用賃貸住宅』ってのは、日本の住宅政策における住宅分類の一つ。
高齢者の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のうち、専ら高齢者を賃借人とする賃貸住宅のことです。2011年10月に制度が廃止され、後継として高齢者の居住の安定確保に関する法律によるサービス付き高齢者向け住宅の登録が開始された。

んでその改正された法律がこちら

・国土交通省単独から、国土交通省および厚生労働省による基本方針策定
・従前からある賃貸住宅の他、老人ホームの供給、高齢者居住生活支援体制の確保を盛り込む
・都道府県が定める高齢者の居住の安定の確保に関する計画制度の創設。
都道府県は、住宅部局と福祉部局が共同で、高齢者に対する賃貸住宅及び老人ホームの供給目標や目標を達成するために必要な施策を定める。
・高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)及び高齢者専用賃貸住宅(高専賃)の制度改善。
その他、登録制度について新たに登録基準を設定し、住宅の規模、構造及び設備等に関する最低基準を定めるとともに、登録を受けた住宅の管理状況に関する報告徴収制度の創設等、指導監督の強化が図られた。

Wikiより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%B3%83%E8%B2%B8%E4%BD%8F%E5%AE%85


ということらしい。
ちょっとしたおもしろ雑学。
posted by りゅー at 10:13| Comment(0) | 賃貸雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。